マーケット - コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私

コロナ後の人生

2022年06月28日
インターネットという罠~何が未来のリスクなのか?~

デジタルによる地域活性化を進め、さらには、地方から国全体へ、ボトムアップの成長を実現していきます」とも付け加えています(参考)。こうした表明は、デジタル社会の恩恵とは、津々浦々、あまねく多くの人々のもとに届くものでなくて […]

2022年06月21日
再来する1970年代? ~「長期波動」論からみたマーケット情勢の現在と今後~

世界的なインフレの進行と景気後退(リセッション)への懸念が叫ばれています。JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOは、金融政策引き締めやロシア勢のウクライナ侵攻といった前例のない課題の組み合わせに経済が直面する […]

2022年06月14日
マネー・システムという「幻想」の行方

仮想通貨(暗号資産)、中央銀行デジタル通貨(CDBC)、ステーブルコインなど、マネーをめぐる昨今の動きは目まぐるしく、まさにマネー・システムの転換点にあるともいえます。 しかし、下図のようにデジタル化、分散化しているマネ […]

2022年06月14日
再び蠢き始めたグリーンランドという「伏兵」とウラン・マーケット

グリーンランドにおける採掘プロジェクトを巡る論争が、政治的混乱を招いています。 世界最大の島の南端にあるクアンナースート鉱山(Kvanefjeld)がスマートフォンや風力タービン、電気自動車の生産に欠かせないレアアースに […]

2022年06月07日
岸田流「新しい資本主義」に欠けているものとは~俯瞰的視点と歴史的回顧が示す前途~

先月(5月)末、岸田政権が掲げてきた「新しい資本主義」の具体像を示す「新しい資本主義のグランドデザイン及び実行計画(案)~人・技術・スタートアップへの投資の実現~」が発表され、その中身が注目されています。この実行計画案に […]

2022年05月10日
満洲国の経験と日露関係 ~我が国はロシア勢といかに向き合うか~

ロシア勢によるウクライナ勢侵攻開始からおよそ2か月が経過し、事態は未だ予断を許さないです。 今回の戦争がいかに決着するにせよ、ロシア勢の隣国である我が国は常に同国勢との向き合い方を模索する必要があります。 そのような思索 […]

2022年04月26日
海底の世界マーケットを制するのはどこか

海外のウェブサイトにアクセスしたりメール/データをやりとりしたりする時、私たちはそうした過程が宇宙経由で行われている様にイメージしてしまいます。しかし実際には「海底ケーブル」が国境を超えたデータ通信量(data traf […]

2022年04月26日
「産学官連携」の行方―大学発ベンチャー・キャピタルの今後

近年「産」「学」「官」を取り巻く研究開発のあり方に大きな変化が見られています。産業分野(関連企業)においては開発を重視する研究開発戦略への転換が見られる一方で、学問分野(大学など)においては独創性と実践性を兼ね備える産業 […]

2022年04月05日
異常気象がもたらす金融システム崩壊??

米カリフォルニア州が現在、過去数十年で最悪の干ばつに直面しています(参考)。 5月11日時点で、カリフォルニアの面積の約7割で、干ばつの度合いが、5段階中2番目に深刻な「極度の干ばつ」または最も深刻な「類のない干ばつ」と […]

2022年03月29日
「ポスト・コロナ社会」の理想と現実:2022年の地政学リスクから読み解く

2022年に入り、世界各地で地政学リスクの高まりがみられている。中央アジアのカザフスタンでは、年明けから大規模な反政府デモに揺れており、事態鎮静化のためにロシアの精鋭部隊が派遣される展開となった。他方、西側ではウクライナ […]


© 2022 コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私. All rights reserved.