2021年07月27日

「ネアンデルタール人」の遺伝子がコロナを予防する?~人間 Vs 霊長類 Vs 人工知能~

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

新型コロナウイルスを重症化させるのも予防するのも「ネアンデルタール人」の遺伝子である―こうした研究結果がPNAS・米国アカデミー紀要に掲載されました(参考)

図表:Le Moustier by Charles R. Knight, 1920 出典:Wikipedia)

ネアンデルタール人は約40万年前に出現し2万数千年前(2014年に発表された学説では約4万年前)に絶滅したとされる化石人類の一つです。ヨーロッパ大陸を中心に西アジアから中央アジアに至るまで広く分布していました。
従来現生人類とは差異が大きいと考えられていたものの、研究が進むにつれ共通性が広く認められネアンデルタール人と現生人類の際は亜種レベルに過ぎないとの見解も登場しました。

2010年5月7日の米国系科学誌『サイエンス』には現生人類のゲノムにネアンデルタール人の遺伝子が数パーセント混入しているとの研究が発表されました(参考)
こうした中で上述のように昨年(2020年)来の新型コロナウイルスによるパンデミックにおいてこのネアンデルタール人の遺伝子がその重症化を予防したり増進したりするという学説が発表されたのです。

新型コロナウイルスの重症化を予防する遺伝子は現代人の12番染色体の上にあり、新型コロナウイルスによる重症化リスクを約20パーセント低下させます。他方でむしろ新型コロナウイルスに感染した際に重症化させる遺伝子、3番染色体もネアンデルタール人から受け継いで存在します。

前者の遺伝子はアフリカ以外に住む約50パーセントの人が持っており、日本人もおよそ30パーセントがそれを保有しています。他方で後者については欧州では16パーセント程度、南アジア(インドやバングラデシュなど)では最大60パーセントがその遺伝子を保持します。

新型コロナウイルスを巡ってネアンデルタール人が注目される中で、去る(2021年)2月11日、『サイエンス』で再びネアンデルタール人にまつわる興味深い研究が発表されました(参考)
実験室で培養したネアンデルタール人の脳組織にヒトの遺伝子をひとつ入れ替えることで、その結果得られたオルガノイドはもはやネアンデルタール人のものではなくなったことから、当該遺伝子が現代人の脳の発達に果たした役割が明らかになったといいます。

すなわちそれは「どのDNAが人間の脳を“人間”たらしめるのか」、ひいては「何が人間と他の霊長類を分けるのか」といった疑問への答えとなり得るものです。

人間の脳の構造を解き明かすことは何に役立つのだろうか。
それは近年ではまず人工知能(AI)でしょう。
ヒトの脳神経ネットワーク全体をスーパー・コンピュータ上に再構築する「全脳シミュレーション」にこれまで数十億ドルが投入されてきたものの未だ知性の本質が何かは明らかになっていません(参考)

しかし多国籍機関はこうした人工知能(AI)技術に注目しています。アントニオ・グテーレス国連事務総長は昨年(2020年)6月、学際的かつ協調的アプローチがすべての人の安全で包括的な未来につながるのかについてのグローバルな対話を促進するための「デジタル協力に関するハイレヴェル・パネル(High-level Panel on Digital Cooperation)」を設置しました(参考)

私たちは社会を分析し次の手を決定する「知性」を持つ人工知能(AI)を作り出す知識と権力が一握りの人間に集中しているのに対し、その決定は社会のほとんどの生活に影響を与えるというかつてない時代にいます。そうした中で国連をはじめとする多国籍機関は人工知能(AI)社会のガヴァナンスに関する議論のイニシアティヴをとりつつあります(参考)。

こうした中で今次ネアンデルタール人の脳を媒介とした人間の脳が人間のものたる理由、ひいては人工知能(AI)の研究へと至り、人工知能(AI)社会のガヴァナンスが構築されていくことになるのでしょうか。






xxx


© 2021 コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私. All rights reserved.