2021年05月13日

「パーム油」が世界マーケットを動かす日。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

スリランカが世界的に広がりつつある「パーム油のバッシング」に加わりました(参考)
ラージャパクサ・スリランカ大統領がアブラヤシを栽培している企業などに対して、段階的に木を取り除くように命じたのです。

(図表:アブラヤシの果実)


(出典:Wikipedia)

4月5日に発表された公式声明によると、毎年10%の木を根こそぎ取り除き、ゴムなどの環境にやさしい作物に畑を置き換えると発表されました。さらにアブラヤシの栽培は完全に禁止されてゆくだろうとも付け加えられたのです。スリランカの関税局長はパーム油貨物の通関を控えるようにとまで助言されていると言います。

「パーム油」は世界で最も消費量の多い植物油脂でアブラヤシから生産されます。
冷凍食品、インスタント・ラーメン、チョコレートやスナック、クッキーなどのお菓子、パン・焼き菓子などに使われるマーガリン、またシャンプーや化粧品の原料にもなっています。
現在、世界全体のパーム油の約8割がインドネシアとマレーシアで生産されており、日本はパーム油の最大の輸入国の一つでもあります。
日本のパーム油輸入量は2014年の598,500トンから2019年には778,600トンへと大幅に増加しています(参考)

消費量が世界最大の植物油/植物油脂であることから投資家からの注目度も高いです。他の植物油脂に比べてヘクタール当たりの収量が多く、生産効率が良いため価格面で優位なのです。このため、近年前例のない成長を遂げてきました。

今回のスリランカにおける動向は昨今の世界の動きと連動しているものです。
先進国ではパーム油「排斥」の動きが広がっているのです。

米国は世界第2位の生産国であるマレーシアからの入荷を強制労働の疑いで停止しています。そして欧州(EU)は大規模プランテーションで生産されるバイオマス発電の燃料としてのパーム油を「持続不可能(unsustainable)」なものと分類しました。今後、段階的に廃止する計画が立てられています。

今後、供給が減ることが予想されるからか、パーム油の価格は現在、昨年(2020年)5月からおよそ2倍になっています。

(図表:パーム油の価格)

(出典:世界経済のネタ帳

他方でスリランカはココナッツ油のトップ生産国であり、パーム油はライバルでもあります。

しかし、世界貿易機関(WTO)の加盟国は適切な正当性がない限り輸入を禁止することはできないことになっており、今回の動きは厳密には(technically)問題があるのです。
一時的な輸入禁止はできても、「無差別」がWTOの基本原則のため永久的な輸入禁止はできないのです。

インドネシアのパーム油生産企業のトップは「穀物メジャー」としてグローバル社会全体において圧倒的な影響力を誇る米カーギル(Cargill)です。1974年以降、インドネシアに多くのパーム油プランテーションを持っており、その売上は2016年に1,070億ドルを突破し、2017年末には1,100億ドルとなっています。

パーム油の使用は5000年前にまで遡ることができます。紀元前3000年頃の古代エジプトの神話に登場するオシリス神復活の地とされるアビドスの墓でパーム油が使われていたことを示す証拠が発掘されています。産業革命の時代にはパーム油は機械の工業用潤滑油として使用され、最も人気のある商品となりました。石けんの製造に広く使われるようになった初期のパイオニアは現在のユニリーバを代表するレバー兄弟です(参考)

不健康だということで、かつて主流だった脂肪に取って代わり、安価であるためアジア諸国でも広く採用され前例のない成長を遂げ、世界全体に浸透してきたパーム油は消されつつあるのでしょうか。
世界の植物油を巡る地殻変動は起こるのでしょうか。







© 2021 コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私. All rights reserved.