その他 - コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私

2021年09月21日
迷走する“北京オリンピック・ボイコット論”

2021年の夏、新型コロナウイルス感染拡大によって1年延期されるなど、紆余曲折の末に開催された東京オリンピック・パラリンピックは、去る9月5日のパラリンピック閉会式をもって日程を終了しました。 オリンピックの熱気が冷めや […]

2021年03月27日
日本を一番好きな国、ベトナムは女神信仰の国だった。

コロナで海外に行く機会はゼロになってしまいましたが、以前は随分と海外旅行に行っていました。 ボリビア、パラグアイ、インドetcと、一般的な親ならかなり心配するような第三国まで乗り出していたわけですが、両親は結構そんな危な […]

2021年03月27日
裸婦像に描かれた久遠の女性:美を超えて描かれる魂の美に触れる。

山種美術館で現在開催中の『村上華岳-京都画壇の画家たち-』展に行った時のことです。 『裸婦図』が重要文化財として華岳の作品としては二点目に指定された記念となる特別展です。 『裸婦図』と聞くと思い出すのは、 あらゆる時代で […]

2021年03月27日
掴みどころのない現代美術を楽しむ方法

今回は現代美術について紹介したいと思います。 現代美術展に足を運ばれたことはありますでしょうか? 欧米諸国に比べて、日本は公立の現代美術館が非常に少ないですが、都内には東京都立現代美術館があります。 しかし、都内に住む私 […]

2021年03月16日
あなたは本当にあなたの意志で身体を動かせていると思いますか?あなたが本当に動かせていると思うのであれば、今日から舞踊家です!

今回は身体表現による芸術についてご紹介したいと思います。 一般人がその顔、身体を不特定多数にさらけ出すという行為は、 Facebook, instagram, youtuebeという媒体の登場によって一気に加速しました。 […]

2021年03月16日
シェイクスピアの「マクベス」が現代サラリーマンに乗り移る!?過去と現代、現実と妄想が入り乱れる世界に飛び込む。

今回ご紹介しますのは、演出家に『城塞』と同じ真鍋卓嗣を迎えた、こんにゃく座の『Operaclub Macbeth』です。こんにゃく座の音楽監督を1975年から務められた、亡き林光さんが作曲されました。こんにゃく座は、小編 […]

2021年03月14日
日本人が発明した「塗る」太陽電池は世界の救世主となるか

菅義偉首相は去る10月26日に行われた首相就任後初めての所信就任演説で 「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、 すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と述べました(参考) […]

2021年03月14日
現代演劇で「近松」を観る:近松とシェイクスピアの共通点。

三月某日、渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて『Eternal Chikamatsu』 を鑑賞しました。主演は深津絵里と中村七之助、脚本は谷健一に、演出家はデヴィッド・ルヴォ―と超豪華メンバーによって作り上げられ […]

2021年03月14日
アスペルガー症候群を扱ったスウェーデン映画『Simple Simon:シンプル・シモン』

3月は別れの季節。社会人になったり、遠い地へ越してゆく友人を見送り、毎日のように杯を交わしていた一カ月でした。 お世話になった先生が異動されるので、「せっかく打ち解けられたと思いましたのに、残念です。」とこぼすと、 「こ […]

2021年03月14日
コロナ禍とテレワークの功罪:ITシステムの進化

新型コロナウイルスによるパンデミックで引き続き私たちの心が蝕まれています。 私自身は「コロナ禍」なるものが多分に人為的なイヴェントであり、 同時に結局のところ免疫力の問題でしかないと最初から考えていたためダメージが無かっ […]


© 2021 コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私. All rights reserved.