トップ記事 - コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私

2021年08月17日
チェルノブイリの原発事故の歴史が繰り返されるのか:「中国バブル崩壊」のトリガーは中国株からのマネー流出だけではない。

我が国では、東京夏季五輪のメダルラッシュと、新型コロナウイルスの感染爆発ともいえる状況でニュースが席巻されている中、マーケットの世界では「中国バブル崩壊か」との懸念が広まりました。というのも、中国当局によるIT・教育業界 […]

2021年08月17日
2025年に原発発電容量【世界1位】を目指す中国が海南島に小型原子炉を建設。その先にあるものとは。

去る2021年7月13日(北京時間)、中国は海南島に世界初の商用モジュール式小型原子炉である「Linglong1」の建設を開始しました。そもそも、「小型原子炉」とはどういったものなのか。またなぜ北京や上海ではなく海南島な […]

2021年04月22日
「日光」でコロナウィルスは死滅するのか。日光力がマーケットを動かす日。

2020年4月、トランプ前米大統領が新型コロナウイルスの感染拡大に際して「たくさんの紫外線か、または強い光を体に当ててみたらどうだろう」との発言をしたのを覚えているでしょうか(参考)。 米国土安全保障省のビル・ブライアン […]

2021年04月13日
デジタル通貨はどこまで信頼できるのか:中央銀行の「CBDC(中央銀行デジタル通貨)」という密やかな企て。

中国が「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」に関するグローバル・ルールを提案した旨の報道がなされています(参考) 中国は去る2014年来、世界に先駆けた中央銀行デジタル通貨(デジタル人民元)の導入に注力してきました。これを […]

2021年03月27日
世界的インターネット遮断でむしろ『仮想通貨』が真価を発揮する理由:ラジオというアナログがデジタルを凌駕する可能性。

街中を歩いていると、今や高齢層ですらスマートフォンを持つ時代になったのを実感します。 また子供家族とのやり取りを希望したり孫が教えたりするからなのか、スマートフォン、さらにはガラケーすら持ってはいないものの、iPadなど […]

2021年03月14日
日本国債の暴落。その先に、地方アントレプレナーシップと仮想通貨の時代が訪れる。

地方で何が「壁」かといえば新しいものを一切受け入れまいという態度ではないでしょうか。 ありとあらゆる関係団体が実質的に“つるんで”、最後は親方日の丸よろしく、 「県庁が後援に廻るのであれば私たちも支援します」という風に判 […]


© 2021 コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私. All rights reserved.