2021年05月12日

中東マーケットに注目~争奪戦のベイルート~

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

中国、ドイツ、ロシア、フランスがベイルート港の再建を競い合っているのをご存じでしょうか(参考)
日本からすると遠く離れた、名前だけを知っている中東の地という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

2020年8月にベイルートの港湾施設で起きた化学物質の爆発は200名以上の死者を出しました。そして8か月が経った今、ベイルートの港を再建するために外国企業が競い合っているのです。

(図表:2020年ベイルート湾爆発)

(出典:Wikipedia)

爆発以来、政治的な混乱が続いており、政府のあらゆる問題について意思決定が困難な状況下で、損傷したドックや倉庫の再建に加え、港湾の拡張やデジタル化にかかる費用は4億ドルから6億ドルと見積もられています。
そしてその復興において、中でも特にドイツとフランスが復興の主導権を競っているというのです(参考)

今年(2021年)4月、ドイツの代表団は大使立ち会いのもと300億ドルを投じてベイルートの港とその周辺地域を再建する壮大なプロジェクトを発表しました。ハンブルグ・ポート・コンサルティング社(Hamburg Port Consulting)をはじめとする企業が策定した計画は港を東に移し、周辺地域には社会住宅や「セントラル・パーク」、さらにはビーチを設けることを目指しています(参考)
かつての植民地宗主国であるフランスもこの港の再建に向けて準備を進めています。
爆発直後の2020年9月、マクロン仏大統領が2度目のベイルート訪問を行った際、フランスを本拠とする世界有数の海運大手CMA-CGMのレバノン出身のトップ、ロドルフ・サーデ氏が代表団に名を連ねていました。その際、同社はレバノン政府に対し、海辺の場所を再建、拡張、近代化して「スマートポート」にする3段階のプロジェクトを提示。現在3年以内にベイルートの港を再建するという積極的な計画を進めています(参考)

(図表:都市再開発の一例)

(出典:Wikipedia)

では、ここで海外における都市開発/インフラ再開発事業として日本企業がベイルートの再開発をする可能性を考えてみたいと思います。
レバノンの近隣地域に進出している日本企業として株式会社安藤・間(TYO:1719)や清水建設株式会社(FYO:1803)、大成建設株式会社(FYO:1801)などがあります(参考)
レバノンはシリアと並んで「レバント」(Levant)の筆頭格です。レバントとは東部地中海沿岸地方の歴史的な名称で主にシリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル(およびパレスチナ自治区)を含む地域(歴史的シリア)を指すことが多いです。
この「レバント」は歴史的にも重要な位置づけを与えられてきた経緯があり、現在「秩序」改変の焦点となっています。
中東における既存構造の解体と再構築に向けた動きが進んでいる中、欧米を中心とする諸国勢の同地域における争奪戦が激化する可能性に引き続き注視が必要です。







こんな方にオススメです

  • ■納得した情報を得たい方
  • ■確かな資産形成の根本を身につけたい方
  • ■今の状況に不安を感じている方



© 2021 コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私. All rights reserved.