2021年03月27日

「日本デフォルト」日本経済が崩壊する時、 やはりそこには中国の影があるのか。切り離せない日本と中国の関係性。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

新型コロナウイルスのパンデミックは中国が推進する「一帯一路」にも影響を与えているようです。

「一帯一路」とは2013年に習近平国家主席が打ち出した巨大経済圏構想です。
中国とヨーロッパをつなぐ陸路の「シルクロード経済ベルト」(一帯)と中国沿岸部から東南アジア、南アジア、アラビア半島、アフリカを結ぶ海路の「21世紀海上シルクロード」(一路)による物流ルートの整備により貿易の活性化と経済成長を図る計画です。

(図表:シルクロード経済ベルトと21世紀海洋シルクロード)

(出典:Wikipedia)

中国はこの「一帯一路」の中でアジアやアフリカ諸国に対するインフラ整備に莫大なチャイナ・マネーを投じてきました。こうした中国の途上国に対する投資は、投資を受けた各国が中国に対して債務を返済できなくなるという「債務のわな」と呼ばれる状態に陥っている、もしくは陥る可能性があるとして、国際社会から批判を受けてきました(参考)
例えばスリランカは中国からの融資によりハンバントタ港(Port of Hambantota)を建設したものの同港の建設地が地理的に不便な場所であったために投資資金を十分に回収できず、2017年には同港の運営権を99年にわたり中国に引き渡すこととなりました。こうした「債務のわな」は中国の安全保障上の利益のためになされているのではないかという疑念を強めることとなりました。

しかし今、こうした中国勢に対する債務を巡って大きな変化が起こっています。
中国による約47億米ドルの融資により建設されたケニアのモンバサ・ナイロビ標準軌鉄道(Mombasa–Nairobi Standard Gauge Railway)について、ケニア側が新型コロナウイルスによるパンデミックにより財政状況が悪化したことを理由として再交渉を求めたのです(参考記事)。ケニアのみならずアフリカ、そして世界的にパンデミックによる経済危機が叫ばれる中、同様の主張は他の国家からも展開される可能性があるでしょう。

2017年7月上旬には同じくケニアにおいて1200万米ドルの中国融資により建設されていたシギリ橋(Sigiri Bridge)が完成を目前に崩落したことが英国メディアを中心に大きく報じられていました。スリランカのハンバントタ港における地理的利便性、シギリ橋の崩落といった中国融資による建造物の欠陥もまた、こうした主張の後押しとなり得るでしょう。

日本はこの「一帯一路」に対してどのような態度をとってきたのでしょうか。
安倍政権は「価値外交」を展開する中で法の支配や航行の自由、自由貿易を重んじる地域秩序を主張し、「一帯一路」についてもこの観点から協力する旨を表明し、中国側もこれを歓迎していました。

しかし今、「債権」による支配を行う中国を巡り興味深い動きがあるのです。
2020年4~7月期において中国による日本の国債購入が急増しており、中長期債の買越額は前年同期と比べ3.6倍となっているというのです。
「一帯一路」を巡る途上国への融資の回収が少なくともパンデミック以前と同様には見込まれない中、その融資の矛先を変えているとも見えます。
日本の国債残高は1000兆円を超えるが、財政破綻をしない理由としてこれまで挙げられてきたひとつに「海外保有比率が少なく自国内での消費が可能であること」が挙げられています。しかしこのまま中国が日本の国債購入を急増させていけばこの条件が崩れることとなるのです。

中国の「一帯一路」政策は日本デフォルトに対するトリガーとなるのか。「一帯一路」をめぐる中国の動向に引き続き注視していく必要があるでしょう。







こんな方にオススメです

  • ■納得した情報を得たい方
  • ■確かな資産形成の根本を身につけたい方
  • ■今の状況に不安を感じている方



© 2021 コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私. All rights reserved.