2021年03月14日

コロナではなく、大人が奪った「夜を駆ける 」若者たちの未来。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

2021年1月末は未だ新型コロナウイルス撲滅のための「緊急事態宣言」が日本において発令されている最中でした。
博多、名古屋は夜になると街は完全に静まり返り、
本来ならばネオンが輝くべき繁華街も今は夜になると不気味な静けさを漂わせる一隅となってしまっていました。

そうした中で深く感じ入ったことがあります。
それは私たち=大人は果たして「未来を支える若者世代」たちのことをこうした今だからこそ考えているか、ということです。
静けさしかない繁華街を横切りながら、
ふと2020年、日本において最も愛された歌のタイトルが『夜を駆ける』であったことを思い出しました。
私は半ばゴースト・タウンと化した繁華街を『夜を駆ける』かの様に突っ切りながらふと感じ入ったのです。

私たち=大人は今回のパンデミックに際して、
結局は「カネの問題だ」と割り切り始めて久しいのではないでしょうか。
2度目となる「緊急事態宣言」に直面し、
なぜ前回(2020年)は店を閉めることの無かった飲食店が今回は真っ先に店を閉めているのかといえば、
相応な給付金が支払われるからです。
無論、その対象や規模、そして金額の多寡を巡っては議論の余地があるはずです。
そのことに異論の余地は無い。
しかし、そうした中で「もっと考えるべき本当の問題」を私たち自身が見過ごしていないか、気になって仕方がないのです。

2020年に「緊急事態宣言」が発令され、ややあってから、
日本における自殺者がとりわけ女性について増加したことが報道され、耳目を集めました。
「COVID-19でテレワークを余儀なくされたり、
あるいは労働環境の劇的な変化を体験する等して日々の生活に困難を感じた女性たちが多くなったのではないか」
と論じられています。
しばらくすると駅構内でこんなポスターを見かけるようになりました。

「貴女は一人じゃない。是非ご相談を。」

私は2020年から東京大学の1・2年生を対象とした自主ゼミを学生自治会の公認を得て展開しています。
ゼミの名前は「未来シナリオとリーダーシップ」です。
そうした中で日本の明日を担う学生の皆さんと数多く接する機会を得てきました。

端的に言いましょう。
今回のパンデミックで最も心理的な苦痛を被っているのは私たち=大人ではなく、彼ら若者たちなのです。
1年以上続く今回のパンデミックを巡る大騒動の中で厳格な行動制限を強いられ、
若者たちは自宅にいることを余儀なくされています。
全身全霊で努力してようやく希望する高等教育機関の扉が開いたかと思いきや、
「通学は禁止」となってしまいました。
事実、教え子の中には一浪して合格したもののテレワークを余儀なくされ、
結局、北陸地方にある実家に止まらざるを得ない学生等がいます。
マスメディアは決して報じませんが、それが彼らの現実であり、日常なのです。その忸怩たるもの、いかほどでしょうか。

それでも今の学生たちはこうした「矛盾」に対する牙を剥く術を知らないのです。
「学生運動」のやり方も知らないのです。
相も変わらず「グローバル化」を叫び続けるが一向に留学などさせてくれない大学当局の教えを従順に守り、
自宅で一人こもって勉強しています。
つまり「夜を駆ける」ことなど出来もしないわけなのですが、
それでも声一つ上げず、ひっそりと引きこもっているのです。
そしてじわじわと押し寄せる心理的圧迫に独り耐え、
ネット空間の中でやり場の無い怒りを抱えながら、ひたすら歌っているのです。
『夜を駆ける』ことが出来る日が必ず来ると信じて。

やれ「給付金だ」、「バブル再来だ」、「仮想通貨の急騰だ」、「株価が跳ね上がっているぞ」等と叫ぶ前に、
これまで放蕩の限りを尽くした私たち=大人の世代が本当にやるべきことがあるのではないのでしょうか。
「明日を支えてくれる若者世代の未来に向けた希望を支える」ということ。
彼らに「夜を駆ける」ことの出来る未来が必ずやって来ることを語れる私たちでありたいと思うのです。







こんな方にオススメです

  • ■納得した情報を得たい方
  • ■確かな資産形成の根本を身につけたい方
  • ■今の状況に不安を感じている方



© 2021 コロナ後の人生。| 気づきに満ちた世界と私. All rights reserved.